twitter Twitter
五龍姫 @gen3sengoku
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
1h
こちらのサイトにて、毛利家の新たな歴史を創造しております。お立ち寄りいただければ幸甚にござ
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
1h
郡山合戦の際、12歳の少輔次郎(元春)はしきりに出陣をせがみ、止める家臣に刃を向けるほどで
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
1h
父・元就を一躍戦国の英雄にのし上げた「吉田郡山城の戦い」。最近の研究では、尼子晴久が郡山城
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
2h
幕末の志士・吉田松陰先生はわが兄・隆元を評して「平重盛のように素行端正、敵に臨んで勇決する
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
2h
1534年(天文3年)、仇敵の間柄だった毛利家と宍戸家は和睦を果たしました。年賀のため宍戸
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
3h
尼子経久の三男・興久は所領をめぐる諍いから経久に反旗を翻しましたが、最期は自刃に追い込まれ
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
3h
叔父・相合元綱一派粛清の際、父・元就は、相談と偽って郡山城に呼び出した渡辺勝に突然襲いかか
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
4h
父・元就の家督相続に難色を示す坂広秀と渡辺勝に対して志道広良殿は「尼子の養子を申し受ければ
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
4h
鏡山城攻略後、尼子経久はわずか九歳の毛利家当主・幸松丸に敵将・蔵田房信の首実検を強要しまし
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
5h
わたくしが宍戸に嫁いだのち、弟・元春の室である新庄局とつまらぬ諍いを起こしたことがございま
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
5h
陶晴賢支持を説く父上に対し、兄・隆元は「晴賢は元就をこわきものとして恐れている。このため、
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
6h
大内の残党鎮圧を終えて、長府から郡山に戻ったころから、父上の体調はにわかに悪化していきまし
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
6h
父上は、立花城で大友軍と対峙する元春と隆景に即時徹底の指令を発し、大急ぎで船を数百艘かき集
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
7h
北九州を席巻するわが毛利軍に対し、大友家宿老の吉岡長増殿は「大友・尼子・大内の大同団結」と
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
7h
関ヶ原合戦を経て毛利家が防長二州に転封されたのち、尼子義久殿は奈古(山口県阿武郡)で129
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
8h
約1年8ヶ月の籠城の末、万策尽きた尼子義久殿は降伏を申し出ました。将来の禍根を断つために義
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
8h
厳島合戦以降、戦に際しては数を頼みとした力押しが目立った父上でしたが、月山富田城攻めの緒戦
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
9h
父上と継母・中の丸様の間に子は授かりませんでしたが、晩年の父上はことさら中の丸様を頼りにし
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
9h
兄上急逝後の父上の言葉です。「隆元の逝去は是非に及ばぬ次第である。中陰の弔いに白鹿の城を切
gen3sengoku
五龍姫
@gen3sengoku
10h
悲報に接した父上の様子を、弟・隆景はこう記しています。「このうえは自分も相果てて隆元と同じ