twitter Twitter
yohbo@対馬 @yohbo
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
1h
ツシマトゲヒサゴゴミムシダマシ 本種は原生林依存種なのでツシマヒサゴゴミムシダマシのように全島に広く生息していません。 ここでは両種は混生していますが,この夜はツシマヒサゴゴミムシダマシは3頭ほどと非常に少なかったです。… https://t.co/OCnEhyINI5
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
9h
残念ながら 対馬はツチノコの生息分布空白地域…。 https://t.co/elWmxCXFYc
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
10h
FBで「ウンモンナガクチカクシゾウムシ」というヒントを頂いて調べてみました。 すると,ウンモンナガクチカクシゾウムシの沖縄亜種に雰囲気が非常によく似ていました。 対馬産はこの「ウンモンナガクチカクシゾウムシ沖縄亜種」の可能性があります。
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
11h
倒木上や枯れ枝の先に数個体見ました。 ゾウムシとしては中型でほぼ体全体を剛毛で覆われているように見えます。 頭部は黒色,上翅は不規則な斑模様で,小楯板の左右に1対の黄斑があります。 また,各腿節のほぼ中央部にも明るい黄斑が目立ちま… https://t.co/YoVfu2eFpw
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
18h
ツシマオオカメムシ とある樹木の地上1mほどから伸びた小枝にいました。 よく見ると口吻を伸ばして吸汁中です。 寄主植物はスダジイであることが知られていますが,他の植物での吸汁観察例はほとんどないと思われます。  #対馬の昆虫 https://t.co/2IjxBm2WSV
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
07:04 AM Jun 27
フチトリコメツキダマシ属の一種 触角が見事! #対馬の昆虫 https://t.co/i6xqAXitfp
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
07:25 PM Jun 26
アオスジアオリンガ ネムノキの葉上で休んでいるアオスジアオリンガ。 よく似た種にアカスジアオリンガがいるのですが,前翅の2本の白い筋がほぼ平行に走っているので本種で間違いないでしょう。 #対馬の昆虫 https://t.co/1cTU1tosVt
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
05:11 PM Jun 26
ムラサキスカシバ Nokona purpurea (Yano, 1965) カラスザンショウではなく,絡みついたヤマブドウに引き寄せられたのだと思います。 それにしても今年はヒメアトスカシバを見ないなぁ。 #対馬の昆虫 https://t.co/gaoi21Hhtb
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
02:31 PM Jun 26
ナガタマムシの一種 全身が一様に光沢の弱い黒色。 #対馬の昆虫 https://t.co/5omrxn5w4b
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
09:40 AM Jun 26
ニシキリギリス終齢幼虫 ここはニシキリギリス長翅型の産地です。 7月上旬になると成虫が出てきます。 一方,対馬にはツシマキリギリスと呼ばれるニシキリギリスの短翅型がいます。 長翅型は短翅型に比べてレアだということです。… https://t.co/LjdsrmDLfx
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
06:46 AM Jun 26
セマダラコガネ Exomala (Exomala) orientalis (Waterhouse, 1875) 斑紋変異の大きい種で真っ黒な個体もいるようですが,対馬ではまだ見たことがありません。 触角が可愛い…。 #対馬の昆虫 https://t.co/oGzHfVZM7s
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
10:08 PM Jun 25
@Baboon_sai わおぅ~,ご教示ありがとうございます。 ツイッターは再編集ができませんので訂正がかないませんので,ここを見ていただくといいのですが…。 今後ともよろしくお願いいたします。
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
08:14 PM Jun 25
イオウイロハシリグモ Dolomedes sulfureus 目立つ配色をしているので,ついカメラを向けてしまいます。 全国的にごく普通のハシリグモのようです。 https://t.co/jgOe9Cyhaw
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
08:12 PM Jun 25
シラホシハナムグリ朝鮮半島亜種 庭の隅に積み上げている腐った雑草に興味を示し飛び回っていました。 対馬産は朝鮮半島亜種に括られ,「上翅の白斑は発達し小楯板周辺の点刻がより密になる」ようです。  #対馬の昆虫 https://t.co/pjdttANrmV
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
07:11 PM Jun 25
カタモンクビナガハムシの幼虫 この発生地の最後の幼虫のようです。 この後,地中に潜って蛹化し3週間ほどで成虫になります。 本種の周年経過については,越冬個体がダラダラと産卵して年1化にとどまるのか,新成虫が夏場にかけて更に化を重… https://t.co/JX8kRtAtil
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
04:09 PM Jun 25
ヤホシホソマダラ Artona octomaculata (Bremer, 1861) 6月,ヒョウモンチョウ類が現れる頃に見られます。 新鮮な個体は濃紺の地に黄色い紋が乗った非常に美しい蛾です。マダラガの仲間で昼間に活動しま… https://t.co/2NKDgvfA80
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
06:54 AM Jun 25
コハンミョウ 対馬では(ナミ)ハンミョウについで個体数の多いハンミョウです。 全島に広く生息していますが産地は局地的,ちょっとした空き地や赤土などの粘土質の山道などで見ます。 #対馬の昆虫 https://t.co/L57ytDmdXR
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
10:52 PM Jun 24
カリプソテントウの蛹 Lemnia saucia calypso (Mulsant, 1856) 今年になってようやく複数個体の発生に行き当たりました。 もちろん樹木に付いたアブラムシを食べていました。 樹木の名前は不明です。… https://t.co/qjb7F9JUEA
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
10:59 AM Jun 24
セダカコブヤハズカミキリ対馬亜種 対馬亜種Parechthistatus gibber tsushimanus Ohbayashi,1961 標本は最大級の長さをの触角を持った♂です。 この仲間は人気が高く,コブヤハズカミ… https://t.co/ud0uNQ5esL
yohbo
yohbo@対馬
@yohbo
10:57 AM Jun 24
ほとんどが枯れた細い小枝にいました。 対馬亜種の特徴については図鑑の記述等を見てもよく分からないのですが, ・上翅は滑らかで,こぶ上隆起はあまり盛り上がらない。 ・翅端の突出は弱いが,先端が鋭く尖る。 ・♂の大あごが長くなる… https://t.co/ocWsUCLR6B