twitter Twitter
馳烏家bot @Hase_VOCAUTA
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
7m
キョウ「月に叢雲花に風、どんな美しい花だっていつか散ってしまうが、散り際が一番美しい」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
1h
轡「あたしは、謎たんが大好きなんりゃよ?しょれなのに、なぜか謎たんは逃げるのー」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
3h
アヤ「こんぺーと、食べますか?でも、あまり食べたらだめですよ。お星様が減ってしまいます(・ω・`) 」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
4h
スイ「雨、降らないかな。…雨、あめ。傘の手入れでもしてよう」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
7h
アイ「戻ってやり直したい、とか思ったことないか?」 ラク「そりゃあるよ。何度もそう思った。出来るならあいつを守りたかったよ」 アイ「亡くなった彼女か…」 ラク「そう思ってたって戻れねぇんだ。それに今の生活をなかったことにはしたくない。他に、守りたいものができたんだ」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
8h
クノ「みんなちっちゃくて可愛いなー。ぎゅーってしたくなるよね。でも、したら嫌がられるからやめておきます…。」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
9h
ラク「今日もライの視線が痛いけど、気にしないでいよう」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
10h
リア「飲み物取ってこよっか?何がいいかな?」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
12h
なにかさん「PIPOといっしょにパソコンの中お散歩するんだー♪ほんとはお外お散歩したいけど、でもPIPOといっしょならどこでも楽しい!」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
12h
ジル「ん、ええと、これどうやんだ?これでいいのか?おじさんデータけど、機械のことよく分かんないんだよな…」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
13h
ハイ「マスターは死んでなんかいません。嘘はつかないでください」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
13h
ウサ「ウサの新しいほうの連続おんげんの配布どーがです。dolce(どるちぇ)って言います。【UTAU連続音配布】傷音ウサ-dolce-【drop pop candy,アゲアゲアゲイン…】https://t.co/8bf74M3ZAS
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
13h
セト「ケーキ焼いたから、皆で食べよ~♪台所散らかしたのは内緒にしておいてね?」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
16h
フミ「あ、えっと…僕なんかも何か呟いていいんでしょうか…?」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
18h
スイ「絢音(あやね)スイ。好きなものは、雨。苦手なものは暑い日。雨を嫌いという人は多いけど、何であんな素敵なものを嫌いって言うのか分からないな。いつ降ってきてもいいように、レインコートも傘も手放せないよ。」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
19h
レイ「イヴに変な事したらぶっ殺す。…ブラコンってなんだよ。」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
21h
コト「UTAU連続音の配布動画っす。男声でも女声でも好きな方で歌います。【UTAU連続音源配布】否音コト(男声・女声)【ドーナツホール他】https://t.co/njygh1D2bz
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
22h
謎人「願い事、ですか? ないですね」 謎「何かないの?何でも叶えてあげるのに」 「そう言われましても、貴女がするとロクな事にはならないでしょう」 「そんなことないもん!」  「では、一つだけお願いがあります」 「なになに?」 「貴女は今すぐ此処から消えてください」 「それは無理」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
23h
スイ「雨、降らないかな。…雨、あめ。傘の手入れでもしてよう」
Hase_VOCAUTA
馳烏家bot
@Hase_VOCAUTA
23h
ジル「オレは、蕾歌(ライカ)ジル。おじさんだから、みんなの保護者役みたいな感じだな。ここだけの話、製作中に雷に遭って思考回路が二種類あるが、もう片方は危険だから満月の日と雷の日は近付いたら駄目だぞ?とにかく、こんなおじさんでもよければ宜しくな。」